Ubuntu+PerlでWebシステム開発 環境構築

  • Ubuntu20
  • Ubuntu18
  • Ubuntu16

メールアドレスの作成とDNSサーバーの設定

メールアドレスの作成とDNSサーバーの設定について解説します。

Webサービスで利用するためのメールアドレスをすでに、持っている場合は、この手順は必要ありません。

Webサービスと同時に新しいメールアドレスを作成する場合について解説します。

メールアドレス作成の一般的な手順

ドメインを取得する

ドメインを取得する方法は、ドメイン名の取得とDNSサーバーの設定の記事を参考にしてください。

共有レンタルサーバーを借りる

メールアドレスを取得する場合の最も簡単な方法は、メールアドレス作成の機能がついたレンタルサーバーを借りることです。

またドメインを提供しているサービスが、メールアドレス作成サービスを持っている場合は、それを利用することもできます。

管理画面にログインする

管理画面にログインします。

共有レンタルサーバーのIPアドレスを調べる

共有レンタルサーバーのIPアドレスが掲載しているページに行って、IPアドレスをメモします。以下のようなIPアドレスをメモしてください。

59.106.185.101

DNSサーバーのメール設定

DNSサーバーのメールの設定を行います。

Aレコードの設定

「mail」というサブドメインでAレコードの設定をします。先ほど調べた共有レンタルサーバーのIPアドレスを設定します。

mailAレコード59.106.185.101

MXレコードの設定

MXレコードの設定を行います。これは「xxx@kimoto-system.co.jp」という表記をドメイン解決できるようにするための設定です。

MXレコードmail.kimoto-system.co.jp

共有レンタルサーバーのメール設定

共有レンタルサーバーでのメール設定です。

ドメイン名の追加

ドメイン名の追加の項目からドメイン名「kimoto-system.co.jp」を追加します。

メールアドレスの追加

メールアドレスの追加から、新しいメールアドレスを作成します。

# 個人用メールアドレス
kimoto_test@kimoto-system.co.jp

# サポート用メールアドレス
support@kimoto-system.co.jp

メールクライアントの設定

共有レンタルサーバー側での設定が終わったらメールクライアントで、メールの送受信をできるようにします。

検索エンジンを使って「メールクライアント」と検索して、お気に入りのメールクライアントをダウンロードして、設定してください。

メールの送受信ができるようになれば、設定完了です。