Ubuntu+PerlでWebシステム開発 環境構築

  • Ubuntu20
  • Ubuntu18
  • Ubuntu16

Apache設定ファイルを有効・無効にする - 基本設定・モジュール設定・サイト設定

UbunutのApacheでは、コマンドによって、設定ファイルの有効・無効を切り替えるコマンドが存在します。

Apacheの設定ファイルの場所は「/etc/apache2」です。

Apacheの設定ファイルのディレクトリ構成を見てください。設定ファイルに関するものだけを表示します。

-rw-r--r-- 1 root root  7224 Mar 13 21:26 apache2.conf
drwxr-xr-x 2 root root  4096 Jun  8 15:37 conf-available
drwxr-xr-x 2 root root  4096 Jun  8 15:37 conf-enabled
drwxr-xr-x 2 root root 12288 Jun  8 15:21 mods-available
drwxr-xr-x 2 root root  4096 Jun  8 16:07 mods-enabled
-rw-r--r-- 1 root root   320 Jul 17  2019 ports.conf
drwxr-xr-x 2 root root  4096 May 26 14:59 sites-available
drwxr-xr-x 2 root root  4096 May 26 14:59 sites-enabled

confで始まるものは、一般的な設定、modsで始まるものはApacheモジュールの設定、sitesで始まるものは、複数のサイトを運営するためのバーチャルホストの設定です。

有効になるApacheの設定ファイル

Apacheの設定ファイルとしてが有効になるのは、以下です。設定が有効になるためには、以下のどれかに該当する必要があります。availableに格納されている設定ファイルは、そのままでは有効になりまwせん。

#       /etc/apache2/
#       |-- apache2.conf
#       |       `--  ports.conf
#       |-- mods-enabled
#       |       |-- *.load
#       |       `-- *.conf
#       |-- conf-enabled
#       |       `-- *.conf
#       `-- sites-enabled
#               `-- *.conf

一般的な設定ファイル

まず、あなたが新しく作る設定ファイルは、apache2.confの中に書きたくなりますが、これは、デフォルトのまま置いておくことをお勧めします。

あなたが新しく作る設定ファイルは「conf-available」の中に作成します。「myapache2.conf」という名前で配置してみましょう。viコマンドで新規に作成します。

sudo vi conf-available/myapache2.conf

保存して終了してください。

一般的なApacheの設定ファイルをa2enconfで有効にする

次にこの設定ファイルa2enconfコマンドで有効にします。

sudo a2enconf myapache2

lsコマンドで「conf-enabled」の中を見てみます。

ls -l conf-enabled

するとシンボリックリンクが「conf-available/myapache2.conf」に対して作成されていることがわかります。

myapache2.conf -> ../conf-available/myapache2.conf

これで、あなたの作成したApacheの設定ファイルが有効になりました。

有効にした後は、Apacheに設定を反映させるにはApacheを再起動する必要があります。

一般的なApacheの設定ファイルをa2disconfで無効にする

無効にするには、a2disconfコマンドを使用します。

sudo a2disconf myapache2

無効にした後は、Apacheに設定を反映させるにはApacheを再起動する必要があります。

モジュール設定ファイル

Apacheのモジュールは、利用可能だが、有効化されていないものがあります。そのようなモジュールの設定は「mods-available」の中にあります。

Apacheのモジュールの設定ファイルをa2enmodで有効にする

Apacheのモジュールの設定ファイルを有効にするにはa2enmodコマンドを使用します。sslモジュール(mod_ssl)を有効にしてみます。

sudo a2enmod ssl

「mods-enabled」の中にシンボリックリンクが張られます。設定を反映させるにはApacheの再起動が必要です。

Apacheのモジュールの設定ファイルをa2dismodで無効にする

Apacheのモジュールの設定ファイルを無効にするには、a2dismodコマンドを使用します。

sudo a2dismod ssl

無効にした後は、設定を反映させるにはApacheの再起動が必要です。

複数のサイトを運営するためのバーチャルホストの設定ファイル

Ubuntuでは、バーチャルホストで複数のサイトを運営するための「sites-available」ディレクトリが用意されています。

まず、新しくバーチャルホストの設定を書く場合は「sites-available」に設定ファイルを格納しましょう。

サイトのドメイン名を設定ファイルの名前にします。拡張子は「.conf」です。

vi www.mysite.example.conf

この中にバーチャルホストの設定を書きましょう。

バーチャルホストの設定ファイルをa2ensiteで有効にする

バーチャルホストの設定ファイルを有効にするにはa2ensiteコマンドを使用します。sslモジュール(mod_ssl)を有効にしてみます。

sudo a2ensite www.mysite.example

「sites-enabled」の中にシンボリックリンクが張られます。設定を反映させるにはApacheの再起動が必要です。

バーチャルホストの設定ファイルをa2dissiteで無効にする

バーチャルホストの設定ファイルを無効にするには、a2dissiteコマンドを使用します。

sudo a2dissite www.mysite.example

無効にした後は、設定を反映させるにはApacheの再起動が必要です。