Ubuntu+PerlでWebシステム開発 環境構築

  • Ubuntu20
  • Ubuntu18
  • Ubuntu16

makeのインストール

makeのインストール方法を解説します。aptコマンドを使って、makeをインストールします。sudoを使って管理者権限で実行します。

sudo apt install -y make

makeの主な用途

makeは、主な用途として、C言語のソースファイルをコンパイルするときに、ソースファイルの依存関係を調べて、再コンパイルが必要なソースファイルだけをコンパイルするためのツールです。

また、makeのサブコマンド(本当はサブコマンドという名前ではない)「make test」や「make install」などを作って、一連のシェルコマンドやプログラムを実行できます。

makeは、CPANからPerlのモジュールをインストールするときにも必要となります。C言語ソースコードを含んでいるXSモジュールの場合は、もちろん必要ですが、C言語ソースコードを含んでいないモジュールでも、多くの場合は必要です。

多くの場合はというのは、ExtUtils::MakeMakerが使われている場合のことです。Module::BuildやModule::Build::Tinyが使われている場合はいらない。

以下のような手順を実行するだけで、モジュールをコンパイルして、ファイルをディレクトリに配置、テストを行って、インストールするということができます。

make
make test
make install

これがCPANモジュールのインストールにおいて行われています。