Ubuntu+PerlでWebシステム開発 環境構築

  • Ubuntu20
  • Ubuntu18
  • Ubuntu16

useraddコマンド - ユーザーの追加

useraddコマンドを使用すると、ユーザーを追加できます。

ユーザーを追加するにはroot権限を持っている必要があります。sudoを使って、root権限で、作業しましょう。sudoを使う場合は、ルートパスワードを聞かれますので、ルートパスワードを入力してください。

ユーザーを追加するにはuseraddコマンドを使用します。ユーザーディレクトリを作りたい場合は「-m」オプションを使用します。

最初にWebアプリケーション実行用のユーザーも「myapp」という名前で作成しておきます。これは、本番環境で、Webアプリケーションを実行し、バッチプログラムを実行するユーザーを想定しています。「-m」オプションでホームディレクトリの作成、「-s」オプションでシェルを指定します。Ubuntuでは何も指定しなかった場合は「/bin/sh」になるので「/bin/bash」にしておきます。

# ユーザーの追加(ホームディレクトリあり。bashシェルを使う)
sudo useradd -m myapp -s /bin/bash

# ユーザーの追加(ホームディレクトリなし)
sudo useradd myapp

開発者ユーザーがいる場合は、そのユーザーも作成しておくとよいです。パスワードの設定などの手順は、myappユーザーと同じです。

# ユーザーの追加(ホームディレクトリあり。bashシェルを使う)
sudo useradd -m kimoto -s /bin/bash

パスワードの設定

ユーザーを追加したらパスワードも設定します。passwdコマンドを使用します。

sudo passwd myapp

パスワードの入力と確認のための再入力を求められるので設定します。

sudoグループに登録

このユーザーをroot権限を持つsudoユーザーとして登録したい場合はgpasswdコマンドを使って、sudoグループに追加します。

sudo gpasswd -a myapp sudo

ユーザーを間違って追加したので削除したい

ユーザーを間違って追加したので削除したい場合は「userdel」を使います。

sudo userdel myapp

ホームディレクトリの内容やメールは、削除されないので安心してください。

このユーザーがプロセスを使用していた場合は、削除ができません。

そのユーザーがプロセスを使っていない時間に行うか、プロセスを確認して、killしてよいものであれば、killする必要があります。

# プロセスの確認
ps -ef

ユーザー管理のその他の操作

ユーザー削除。

ユーザー一覧。

useraddのオプションを間違った場合の対処

ホームディレクトリのオプション「-m」つけ忘れた場合

userdelでユーザーをいったん削除して、再度useraddでユーザーを作成します。

sudo userdel myapp
sudo useradd -m myapp -s /bin/bash

デフォルトのシェルのオプション「-s」をつけ忘れた場合

usermodで修正できます。

sudo usermod -s /bin/bash myapp