Ubuntu+PerlでWebシステム開発 環境構築

  • Ubuntu20
  • Ubuntu18
  • Ubuntu16

g++のインストール

g++のインストール方法を解説します。aptコマンドを使って、g++をインストールします。sudoを使って管理者権限で実行します。

sudo apt install -y g++

g++の主な用途

g++の用途は、C++コンパイルです。C++のソースファイルをコンパイルして、オブジェクトファイルを作成できます。

オブジェクトファイルというのは、一つまたは複数のC言語ファイルに対応する処理を含む機械語になったファイルです。

g++はリンカも含んでいます。リンカ機能で、オブジェクトファイルを結合して、実行ファイル、静的ライブラリ、共有ライブラリを作成できます。

g++は、CPANからC++ソースファイルを含んでいるXSモジュールをインストールするときに必要です。

C言語のコンパイラ gcc

PerlのXSモジュールでは、C言語が使われているので、C言語のコンパイラであるgccもインストールしておきましょう。