• Ubuntu 20
  • Ubuntu 18
  • Ubuntu 16

sudoコマンド - 一般ユーザーでroot権限コマンドを実行

sudoを使って一般ユーザーでroot権限コマンドを実行する方法を解説します。

Webのドキュメントを見ていると、sudoを使っている例が多いですよね。最初は、なんだこりゃと思います。

sudo コマンド

意味としては、root権限でしか実行できないコマンドを一般ユーザーで実行しているのだと解釈しましょう。

一般ユーザーがrootにスイッチして、コマンドを実行しているという感覚です。

一般ユーザーをsudoユーザーに追加する

sudoは最初から使えますが、一般ユーザーがroot権限でコマンドを実行できるようにするためには、sudoユーザーに追加する作業が必要です。

rootユーザーでまずログインします。

su -

次にvisudoコマンドを使います。visudoコマンドは、sudoの設定ファイルを開くコマンドです。viエディタが立ち上がります。

visudo

以下の行のコメントアウトが外れていなかった場合は、はずしましょう。wheelグループのユーザーは、すべてのコマンドを実行できるという意味です。

## Allows people in group wheel to run all commands
# %wheel  ALL=(ALL)       ALL
%wheel  ALL=(ALL)       ALL

あなたのユーザーを、usermodコマンドを使って、wheelグループに追加します。

usermod -aG wheel kimoto

一度ログアウトして、もう一度、あなたのユーザーでログインしましょう。

sudoコマンドでlsを実行してみましょう。lsは、通常ユーザーでもできますが、ここでは確認のために使用します。

sudo ls

パスワードを求められます。自分のパスワードを入力します。rootのパスワードではないです。

ファイルの一覧が表示されれば成功です。

もう一度実行してみましょう。今度は、パスワードを求められませんね。

sudo ls

sudoで初回のパスワードを求められないようにするには?

初回からパスワードを求められないようにするには? visudoでsudoの設定ファイルを変更するときに、以下の設定のコメントアウトをはずします。

## Allows people in group wheel to run all commands
# %wheel        ALL=(ALL)       ALL

## Same thing without a password
%wheel  ALL=(ALL)       NOPASSWD: ALL